大阪杯

新設G1で過去のラップは参考程度。去年の様なラップはいかにもステップというレースラップであり、G1になったことで推測されるのは宝塚記念的なラップ。要はもう少しペースが流れて持続的なレースになると考えられる。

そして2000mと2200mの違いとなると、前者は前半が緩みやすい。

2000mと言えば鳴尾記念もそうか。宝塚記念のステップレースになっていて好走馬も多い様にリンク性はある。今後は細かい微調整をその都度して行く方向で。


さて、今年のメンバーを見渡した第一感。


買わない方が良さそう。


何故なのか?というところを羅列していく。

マルターズアポジーがいるのでスローな流れは考えにくい。それでいてロードヴァンドール、キタサンブラックといるから悪くても例年の鳴尾記念ベースのラップは刻まれると推測される。それでいてメンバーから前傾に振れると考えているぐらい。

そう考えると短縮臨戦馬がまず頭に浮かび、人気3頭共短縮。

前傾寄りの持続レースと考えると、キタサンブラックには厳しい流れになるだろうが、それぐらい厳しい流れだった宝塚記念で接戦3着である。マカヒキも好メンバー皐月賞で2着である。

強いて下げるならサトノクラウンで、去年の宝塚記念で控えて掲示板外。それを見ると、先行臨戦の短縮で位置取りショックでも対応がイマイチに終わってしまう可能性が相対的に高く感じる。

そして、キタサンブラックとマカヒキの比較となると、キタサンブラックは4歳時点より鮮度が落ちるのは確かであり、パフォは低下していくと思っている。馬場が味方すれば多少考慮したが、フラット馬場で考えているので、ここは強気に頭無しで考えたい。

次の人気グループを見るとヤマカツエース、アンビシャス。

ヤマカツエースに至っては鳴尾記念、宝塚記念、札幌記念と持続系を全て馬券外に飛ばしている以上、この人気なら消す。
アンビシャスは宝塚記念の惨敗をどう解釈するか。先行したから度外視にしてしまうのか、結果から嫌うのか。後方待機に徹すれば3着前後はありえると思うが、頭は想像できない。

前にいる馬はキタサンブラック以上の評価をする気はないのと、前の組は馬券に絡んでも1頭だと思うので、キタサンブラック以外は軽視。



◎マカヒキ


他は追い込みに徹し、さらにペースが味方して2着までってタイプが多く思える。
【追記:4/4 17:00頃】
今回はそれなりに事前に見解を披露できたので、レース後の結果からズレを認識しておきたいところ。

まずレースラップなんですが、ここはもう少し流れる想定でした。その目論見が甘かったと言われるとそれまでなんですが、それによって配当が跳ね上がる可能性、メンバー構成と考えると無理筋まではいかなかったと思っています。
もう一つの誤算は、通常の2000mより前半のレースラップは流れたのですが、縦長になって前が無視されてしまった。それによって通常の2000m通りのレースになった。
もう少しマルターズアポジーって意識されていると思った私の見解が浅かったです。

結論としては勝てそうな馬が少ないという評価になったところで、キタサンブラックorマカヒキとなり、上述の観点からマカヒキを選択した次第。この2頭には配当面の差はないように思えるも、相手馬で差が出てくるという考え。
キタサンブラックは宝塚記念の超抜内容を理解しつつも有馬記念で1つ着順が上回り、今回も1つ上回った。同馬の評価をやや低く見積もっている現状は修正しておきたいが、3歳からトップクラスを走っており、G1では宝塚記念が最後の勝ち負けで秋以降は馬券内迄という想定。これはテイエムオペラオーやメイショウサムソンから学んだところなんですが、この2頭がオペラハウス産駒だからねってことになればまた反省したいと思いますw本来は秋で3~5着と考えていたのですが、1つ上げて2~4着と考える事にします。

マカヒキに関しては、京都記念でスマートレイアーに差し返された謎パフォーマンスが今回も継続してしまった。海外遠征のマイナス面が出たかもしれない。今回の臨戦で馬券外は少し残念で、人気先行すると考えれば、もう本命にすることはないかもしれない。人気が落ちればテノヒラクルーですが。

ステファノスに関しては先行厨川田の積極策がプラスに働いた。布石が足りないので勝つまでのイメージもなかったが、今回で布石はできた。さぁ宝塚記念で差してくれないか?って考えたが、先行厨川田の差し、追い込みは不安定だし延長臨戦。やはり勝つまでのイメージは湧かない。

ヤマカツエースに関してはすみませんでしたの一言。脚質違うも3歳で古馬混合重賞で複数馬券内で4歳でやや停滞して5歳再浮上。こういうパターンの馬ってそういないと思うんだけど、キングカメハメハ産駒がそこまで奥深さがあるなら仕方ない。それは置いといて、去年の持続戦3連続凡走を強調するも、有馬記念でスムーズさを欠いた4着が抜け落ちてしまっていた点がダメ。それを拾えていても人気面から評価は落とすも、3着の目なら想定に入れられるところではあったと思う。

アンビシャスに関してはこの乗り方しかないだろって思っていたのでレース中にはやられたって思った。結果的に前半がもう少し流れればってところだが、展開が向いた場合突き抜けられたかと問われると、そこまでには思えず、これは加齢による低下、もしくは布石不足に感じる。この臨戦過程ではもう布石は打てないので、秋だともう勝ち負けも難しくなる頃か。

他は、サトノクラウンは持続質が完全に疑問になってしまったので、究極の上がり勝負も厳しいとなると狙うポイントが限定的すぎて常に雨乞いしなければならない状況。ミッキーロケットはイマイチ得意条件を掴めない。サクラアンプルールは後方一気に期待したが道中で前にいて頭抱えた。でも結果的に布石は打てた。

総論としては、第一感の買うべきではないレースってのが正解だったってことでしょうね。


この記事が参考になった方はクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ