桜花賞

ソウルスターリングを消せるはずもなく、頭の取りこぼしがあるのか否かの勝負に思う。

その取りこぼしで思いついたのは3点。
①大舞台のルメール
②クラシックの藤沢和
③栗東滞在ではない

無理矢理考えてこの状態。一旦保留にして他馬を見るとする。


まず栗東滞在は重視したい。今年の関東馬は栗東滞在なし。ライジングリーズン、アエロリットを切る。もちろん、過去には栗東滞在ではない馬も好走していますので、これは関東馬が2頭以上来たら完敗と開き直った。

4人気のミスエルテは非G1馬の休み明けでG1直行は軽視がマイルール。許容するなら最低でもG1馬券内実績がほしい。1人気で代替可能かもしれないが、馬体減が続き、休み明けでも馬体減。ここは嫌いたい。

フィリーズレビュー組はレーヌミノルはクイーンCが余計。カラクレナイは初の距離変更が延長であり、このパターンはハーツクライやハービンジャーといった延長得意の看板を掲げている様な産駒でないと狙いたくない。まぁ仮にハービンジャー産駒だったとしてもアップ適性の面で軽視しますが。

結局チューリップ賞組とアドマイヤミヤビに落ち着く。


ソウルスターリングからアドマイヤミヤビの1点かリスグラシューとミスパンテールの2点の選択だと思う。3倍か4.5倍だ。

クイーンC直行は思った程良くないので、その謎のマイナス面でアドマイヤミヤビが連対しなかったパターンにBETする。



私?9倍を狙ってリスグラシューとの1点で行きます。



大穴でアロンザモナってのがチューリップ賞を反動で度外視とすれば考えられなくはない。こうやまき賞は完全度外視のレースなのと、新馬チェックで2を獲得している。この人気なら少し買っておく。


◎ソウルスターリング

形式上はこの評価ですね。
【追記:4/14 5:00頃】
想像以上に流れ、先行したレーヌミノルが勝ちきった以上完敗としか言いようがない結末。

結果論から導くレーヌミノル論を考えてみたのだけれども、3着の目で買うのはまだ浮かぶが1着の目までと考えると、結果を知っていても買う気になれない。

それでも結果論からプラス要素を拾うなら、阪神JF時は延長→延長臨戦。今回のバウンド延長と比較すると、今回の方がプラス。
それでいて逃げ→差し→先行という位置取りショックを加えることによる激走と考えるべきなのか?そちらよりも前走の逃げ敗退後→短縮で差し連対が狙うべきタイミングだと思うのだが。これが2走前連対、前走4着ぐらいというなら、確かに狙おうかという気がしなくもない。ローテのリズムというものがあるのなら、前走で完結しているんだよね、私の中では。
色々考えたけれども、人気落ち以外強力なファクターが見つからず、それで拾った3連複で引っ掛かるパターン以外今の私に買えるスキルはない。同馬の単勝を買うなら別レースで他馬を買う。

後は買い目候補達をざざっと。

ソウルスターリングに関しては、阪神JFやチューリップ賞で結果を出している点から栗東滞在を重く見なかったけれど、これでルージュバック、メジャーエンブレムと関東馬の1倍台が栗東滞在せずに3年連続で連対できていない現状を重く受け止め、来年以降は栗東滞在しないと人気だと軽視方向で攻めてみたい。
ちなみに、
【栗東滞在】アパパネ・ホエールキャプチャ・アイムユアーズ・アユサン
【栗東滞在せず】エフティマイア・ソーマジック・ヌーヴォレコルト
【不明】カタマチボタン
エフティマイア、ソーマジックのみが同年桜花賞で、この年の勝ち馬はレジネッタでチューリップ賞組が不発。他にマルセリーナ(ホエールキャプチャが2着)の年もチューリップ賞不発だが、この年は大本命(1.1倍0.7差)のレーヴディソールが故障で離脱しているので例外でもある。3着メデタシが桜花賞4着だし。
レジネッタ年のチューリップ賞は特殊で、ペースが遅すぎた為に臨戦が酷くなった経緯がある。この辺りは長くなるので、簡単に言えば去年の有馬記念でJC組を軽視したのと似た様なもの。それでも結果を残す例外パターンはあるのだが、どちらかと言えば下げる為のファクターだから、有馬記念で下げて連対したキタサンブラックの様に、走られたら仕方ないというスタンス。人気薄なら思考を変えますが。

脱線しすぎた。来年以降は栗東滞在しないのは基本的にマイナスという考えにしますってこと。

リスグラシューはコーナーの手応えから何故2着に来ているのか謎。それぐらい手応えが悪かった。
後方一気が難しい馬場状態だったが、このペースならハマっても納得できただけに、1600より長い距離向きの馬がいなくて、同馬は父ハーツクライだからその優位性が出たとか好意的に考えてみたけれども、優先順位としては後方一気の脚質>父ハーツクライの距離適性だと思うからあまりしっくりこない。
その部分がカラクレナイの初距離変更が延長、アエロリットの非栗東滞在、ディアドラの父ハービンジャーのアップ適性の低さ(延長適性は高い)が絡んで、優先順位が逆転はなくても同等にはなったのかもしれない。

アドマイヤミヤビはクイーンC直行。この臨戦は関東馬が多い。それだけに不発パターンも多く、アプリコットフィズ、フォーエバーモア、キャットコイン、メジャーエンブレムの4頭が不発だけにローテが悪いのか、非栗東滞在が悪いのかはどちらに優位性があるのかはわからない。キャットコインは栗東滞在ですけどね。ホエールキャプチャも栗東滞在で1人2着。
ただアドマイヤミヤビは関西馬。これはリトルアマポーラ、ヴィルシーナのパターンで、どう転ぶかわからなかった。関東馬が栗東滞在してもパフォ低下から何か臨戦でマイナス面があると思い評価下げたが。単純に馬場でパフォ低下かもしれないけどね。

ミスパンテールは後方一気をすると思ったからリスグラシューよりも軽視しようと思っていた。後方一気が決まらない馬場想定なので。結果的にこのペースならどうなったかわからないけれど。
それでいてソウルスターリングからの馬連はリスグラシューよりミスパンテールの方が売れていたから迷わずリスグラシューを選択した次第。
明らかに負け過ぎで馬場かなって思うけど。

アロンザモナは紅梅Sが狙い目だったってことね。この人気ならわかっていても手を出しますが。

オークスに向けてと考えると、負けた馬は馬場が・・・ってことで大きく人気が落ちそうにない。このパターンって通常とは異なるので嫌なんだけど、ロジユニヴァースのダービーやフェブラリーSのゴールドドリームと、来るときは来る。頻度は少ないイメージだが、大崩れしない馬が惨敗して次走G1っていうサンプル自体少ない気もする。
ただ、馬場を要因にするなら、オークスで雨降ったら本命にはしないってことだけは決まっているぐらい。

まだ先は長いから何も考えてないですけどね。第一感はリスグラシューだなってぐらい。父ハーツクライだし。


この記事が参考になった方はクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ