朝日杯フューチュリティステークス

グランアレグリアは牝馬の輸送ということで断然人気ならとりあえず疑っておく。サウジアラビアロイヤルカップで思っているよりパフォが上がってこなかったのもある。

かといって他もピンとこないのが正直なところ。


◎アドマイヤマーズ
【追記:12/20 17:00頃】
35.3-24.2-34.4=1.33.9(47.7-46.2)

近年、牝馬が混合戦でも頑張っている様に、先週の阪神JFは今年も例年と比較しても遜色ないレベルだったなぁと思いつつ、今年の朝日杯FSを調べていると、思っているより悪くない。ただ、上位と下位で着差がつきすぎて内容が着順に端的に現れ、結局オッズに反映されて馬券的にはあまり意味はないパターンになるか。

馬場差が鍵になるのですが、暫定で先週と同程度に考えています。

アドマイヤマーズ
デイリー杯の内容が意外と良かったので成長を感じた。逃げ後ってのが不安要素でしたが。それは杞憂に終わり、評価に応える結果で完勝。
牝馬路線なら距離延びても対応できそうなのですが、牡馬路線はシビア。2000mまでは対応出来そうですが、本質は1600m近辺に落ち着きそう。この辺りの距離判断は一旦血統を度外視してレース内容のみで考えております。
そこから父ダイワメジャーという字面を見ると一層その印象が強くなる。
皐月賞までを考えると、中心ではなく有力な1頭止まりになりそう。トライアルまでは勝ち負けできるが、その後にどうしてもワンランク上の馬が1~2頭出現するのが通例。

クリノガウディー
東スポ杯のレースレベルがハイレベル!とは思わないので、通用してしまうとメンバーレベルに疑問を持たざるを得ない。
新馬自体は跳ね上げる内容を持ち合わせているので直前まで拾うか迷ったのですが、減量騎手だったのでパフォが増したと判断した。失敗。
そういう新馬から跳ねる可能性があるタイプを新馬チェックと言って0.5刻みの上限3.0をMAX評価としているのですが、同馬は1.0~1.5評価だと強気になれず。(1.0で500万勝てる、2.0で重賞勝てるぐらいのざっくりとした評価。)
他馬が低調なパフォーマンス+キレタイプが少ない+ロスのない競馬がハマったのはあるものの、3着馬に先着したのは評価するべきだし、同馬もキレを伸ばしたのは評価したい。結局着順に現れているのでオッズに反映されて旨味はない。でも消すほど能力も低くなく。

グランアレグリア
内容が圧巻だから人気するのは理解できるし、馬場差を読み間違うとアッサリがある状況だから不安だったのは確か。基本的に2戦目はパフォーマンスを上げてくるものなのですが、どうもサウジアラビアRCの内容が物足りなかった。今回の内容を見ると、その判断通りのパフォ内容だったことから牝馬路線に進んでも中心視できない。距離が延びても対応できるか不安。1600mが合いそうなので、メジャーエンブレム路線がベターに思う。
今回が単なる輸送負けだったのならすみませんでしたと言うしかないのですが。阪神JF視点だと輸送が関係ないパターンも多いので後々のパフォから振り返りたい。

ファンタジスト
馬柱の綺麗さと今回の着順から当分は人気先行か。重賞なら基本的には嫌って押さえるかどうかという評価程度。1400m以下の方が良さそう。

ディープダイバー
500万から出直しだし、そこでは人気だろうし上がってきても重賞だと足りない様にも思う。1400m以下が良さそうに思うものの、テンの脚が足りないので馬場や展開等条件が限られそう。

エメラルファイト
今後上がってくるかもしれないのは同馬か。テンで置かれる部分を解消しないともうワンランク上には上がってこれなさそうではありますが。

マイネルサーパス
きんもくせい特別の内容が良かったのですが馬場も良く。今回は結果的にキレ負け。乗り役は事前に予測をできたはずですが。
とりあえず京成杯が試金石。ここで見せ場がないと見限ると思う。と言いつつスプリングS辺りで少し塗ってるかもしれませんがw


この記事が参考になった方はクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ