フェブラリーS

◎インティ

近年のトップ層は過去と比較するとレベルが低く、それが現4歳馬が活躍する要因の1つと思っています。

インティは5歳馬ですが、過去と比較しても上回るレベルなのだから無駄なことを考えないことにしました。
【追記:3/22 17:00頃】
35.8-24.4-35.4=1.35.6(48.0-47.6)

レースレベルの判断が難しく、コパノリッキー年(4歳の最低人気時)が一番しっくりくる。私の暫定馬場差を考慮しても同等のレベル。
この暫定レースレベルを出した時に物足りないというのが第一感だった。

インティ
東海Sが終わった後にはダートの新王者誕生と思ったぐらいのパフォーマンス。過去と比較してコパノリッキーより上という評価を下していたので、今回、(暫定ですが)同等のパフォーマンスだったというのが物足りないと思った第一感。
まぁ逃げ限定ではないってのがダート版ダイワスカーレット感があるし、一度スマートファルコンの様な厳しいラップをG1クラスで見たいのもある。今後も基本的には逆らいたくない。

ゴールドドリーム
東京大賞典の評価を必要以上に下げすぎた。思えば一頓挫後のレースだったので本調子ではなかった可能性が抜け落ちていた。それでも1人気と差のない2人気+内枠と考えると着地点は同じだったかも。
このパフォーマンスがあるなら今後も扱いが難しい。

ユラノト
相手が悪い。現状のベストパフォーマンスでG1勝ち負けとは思わないので、馬券内で立派だと思いますが。内は苦にしないタイプ。余程変な騎乗をしなければ能力は出してくれる。後は相手を見て上げ下げ。

モーニン
根岸S組がそのまま流れ込んだ印象。その根岸Sは馬券に絡むかどうかというレベル判断だったので結果からも判断は変わらず。

コパノキッキング
藤田菜について。現状の特徴としては逃げるか早め抜け出しか大外一気という騎手です。基本的にはまだ馬群を捌くスキルは足りません。併せ馬になって好走するパターンはレアです。57キロを背負った競馬で全く結果を残していない様に、減量恩恵で結果を残しているのが現状です。
一言で表すならリスクを取らない騎手。
それでも馬質が良い時は、前述の特徴から揉まれない位置に居ることが多いので能力を出しきれないというケースも少ない。

サンライズノヴァ
根岸Sの負け方が気になったものの、オッズも下がったので度外視してみたが今回も腑に落ちない。
正直よくわからない。

オメガパフューム
人気でも外枠で評価したものの全く良いところなく。
強引に要素を拾うなら、追走ペースの問題。相対的にマイルは東京開催だし芝スタートにもなるので良くないのかもしれません。シリウスSでクリアしていると言われると要素として弱い気もしますが、53キロだったので加速のギアが入りやすかった側面もあります。


この記事が参考になった方はクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ