優駿牝馬

◎クロノジェネシス

人気落ちだしダノンファンタジーと思っていたのですが、この2週の調教を調べると調子落ちが考えられる。桜花賞の折り合えない精神面はオッズで目を瞑ろうと思っていたのですが、状態面も不安になると日和った。
ビーチサンバの1週前は素晴らしかったのですが、最終追い切りは軽すぎて状態面不安。

それでも桜花賞組を評価しているので無印にするまで勇気は持てませんでしたが。

そうなるとシゲルピンクダイヤとクロノジェネシスで悩むことになり、後者を選択。

他の路線で興味深いのはウィクトーリアで、前走の勝ち方が、負けて強しの馬がそのまま勝ってしまったというパターン。まぁシャドウディーヴァが詰まらなければ負けて強しのままだったと思いますが。
こういう理不尽勝利パターンはレースレベル度外視で手を出しておきたい。
【追記:5/24 18:00頃】
35.1-36.2-36.2-35.3=2.22.8(71.3-71.5)

このラップで縦長にならず。そういう展開なので例年以上に距離適性が問われた。ダービーでもここまでの締まった流れはあまり記憶になく、こういうのはJCでよく発生していた。近年は上がりに偏りがちですが。

レースレベルの比較対象は、ジェンティルドンナ、アーモンドアイ>ミッキークイーンというところのどこに入るのか?というところだが、暫定ではあるものの、これらよりも最前に考えたい。


ラヴズオンリーユー
新馬チェック2だけに評価はしているものの、上限が読めなかったのと1人気と桜花賞組を評価している3点から本命にはできない。そのブラックボックス部分をきっちり伸ばしてきた。
アーモンドアイやジェンティルドンナは上積みがある内容だっただけに、これからの成長力が問われる。

カレンブーケドール
とにかく驚いた。ファビラスラフインを思い出し、馬場を考えるとエピファネイアも思い出した。
今までのレースとは全く違う横綱競馬で、未知のパンドラの箱を開けたらそちらが本質でしたってオチ。
私の経験則からは、そのパンドラの箱は大体はミミックで、ザラキを喰らって終了ってオチだけに、パルプンテを喰らった気分で色々調べました。
母系がチリ牝馬。南米は時計が速いので、潜在的に時計勝負だとパフォUPの可能性。記憶が間違っていなければペルーサも南米牝系だったはず。
新馬とか未勝利等は今回のレースとは別ベクトルのレースだと思っているので、ダノンキングリーと接戦とか、未勝利で詰まりまくったとかが強調材料とは思わない。その強調材料はスイートピーSで完結していると思っている。そのスイートピーSが出遅れて捲った競馬という点で持続性能の奥行きを評価するならまだ理解ができる。それでもオークスで評価するには他の路線が低レベルという前提がないと私には印を打つスキルを持ち合わせておりません。
交通事故の様な物としか言いようがなく、馬券で考えるなら総流しができたかどうかが勝負の分かれ目。
そこを掘り下げるなら、桜花賞組で評価したかった馬たちが調教から怪しかったり、シゲルピンクダイヤの父ダイワメジャーがどうしても気になったりするので、10回レースがあれば、1回はそういう思考ができるかもしれない。でもほとんどその判断ができないので現時点の私ではどうしようもないという結論になる。
直線で2度ラヴズオンリーユーにぶつけていて、2度目は左ムチを叩いているのでいただけない。津村も余裕がなかったのだと思いますが。秋華賞大本命って思ったところで関東馬ですか。よし、直行でwJCも出て欲しいぐらい。

クロノジェネシス
ここで前に行く北村友の戦略。仮に体内時計がしっかりしているのなら、途中で下げて欲しいところ。結果からは体内時計が良くないタイプという認識に。
いつも通り控えていればもう少し走れたと思うが、勝ち負けまで走れたのかはブラックボックス。

ウィクトーリア
あのポジションで差しきれないのは力負け。上がり勝負の方が向いているかもしれない。最近の戸崎は良いポジションに居る。

ダノンファンタジー
やはり折り合えず、直線でもシャドウディーヴァに邪魔されても崩れないのは想像以上。今回は調子落ちとも思っていたので牝馬路線を進むならここまでの距離適性はなかなか問われないので今後はもっと折り合いが大事になるエリ女で評価を落とすぐらい。

コントラチェック
レーンは折り合わせたり、マークさせたりという騎手印象なので、先行押し切りタイプは合っていないとは思っていた。この流れならそういったものは関係ないが。最低でも例年並のペースが欲しかった。

シゲルピンクダイヤ
この流れをまともに付き合ってガス欠。体内時計がしっかりしているならどこかで控えてほしかった所。

ビーチサンバ
単純に距離かもしれないけれど、1週前が素晴らしい調教で最終追い切りが軽かった点から、ダビスタでいう「体調を崩してしまいました~」だった疑惑が残る。


この記事が参考になった方はクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ