東京優駿

ダービーは一番強いと思う馬を買う。

◎サートゥルナーリア

高速馬場適性と考えると皐月賞実績が大きすぎる。関西馬の調教も良い。

相手選びで散々悩んだものの、どれもピンとこない。オッズ込みで無理矢理選択するならマイネルサーパスとクラージュゲリエ。
【追記:5/31 18:40頃】
34.8-35.0-36.9-35.9=2.22.6(69.8-72.8)

相変わらず東京芝の時計が出ていて、馬場差の設定次第で今後の判断が変わってくる。

レコードの安売りをしている状況で、テレビでは「レースレコード!!!」とか言ってるのを見るのは滑稽。まぁ実況も仕事ですから、インパクトとしては非常に楽なんでしょう。

土曜日から異常事態の時計が出ていた点から、レコード前提の騎乗を求められる。
その意識が低いのか、レーンにダービージョッキーの称号を与えられないという心理が強かったのかわかりませんが、レースの重心が後ろすぎた。

リアルタイム時はビートブラックの春天でオルフェーヴルが後ろすぎて1周目の直線でアウトと思ったのを思い出した。

今回のサートゥルナーリアは1000m通過時点で黄色信号。4角で大外ぶん回し敢行で終了確定といった具合。


ロジャーバローズ
リオンリオンが飛ばしたので先入観で軽視されていた。それでも3強がダノンキングリーの位置にいれば捕まえられたとは思うものの、サートゥルナーリアは出遅れ、カワダは控え、どちらも途中で動かないという要素もプラスに働く。
そういう前提ありきのレースではあっても、事前にそのパターンしか勝機がないと戦略立てた浜中が見事。
間違いなく浜中が勝たせたダービー。勝てるパターンは本当に限られていたと思う。
高速馬場適性を考えると母父ダンチヒ系。買う側としては、後は実績から選択するか、血統から選択するかの差。
絶対値を評価しているのならまだ考えたものの、去年の京都新聞杯を評価して失敗している私としては、去年より劣るレースレベル+皐月賞は今年の方がレベルが高いという2点がどうしても引っかかった。まぁ去年のステイフーリッシュは度外視レースという回顧だったのですがw
買いたい馬がいない側面から、同馬まで拾える柔軟さを持ち合わせるべきだったのかな。まぁサートゥルナーリア絡みの馬券心中になるから結局ハズレなんですがw
いくらポジが良くて相手がしくじったとしても、弱いと勝てない。これがダンチヒ系による高速馬場でパフォ向上なのだろうか。

ダノンキングリー
3強では同馬だけにしかチャンスは残されておらず、直線では「戸崎勝てっ!」という声が思わず出た。それぐらい最近の戸崎は戦略性高い騎乗をしていて、今回も見事な戦略。相手にする馬を間違えてしまった分の2着であり、こればかりは同情したくなる。
同馬は先週オークスでワンツーした同じディープ×ストームバード系の配合。皐月賞で高速馬場適性を示しているので再確認程度ですが。

ヴェロックス
カワダどうした?というのが第一感。キレタイプではないと思っているだけに、勝負を仕掛けるならJCのキセキの様な騎乗と思っていた。今回だと流石に2,3番手のポジですが。
それだけに前は潰されるという思考がどうしても拭えなかったのがロジャーバローズを評価しきれなかった点にも繋がる。
実際サートゥルナーリアに前へ出られてから差し返した様に持続性が特徴だと思っているので、ポジションを間違えなければもっとチャンスがあったはず。サートゥルナーリアをマークするというタイプの馬でもなく、色々と判断を誤ったと思うレース。
持続性能タイプの東京って攻めた騎乗をしてくれる騎手が少ない。キセキの実績を重く考えすぎたがカワダだって毎回好騎乗ができる訳でもない。それがダービーだとより減点してしまう心情が働いてしまいますが。

サートゥルナーリア
人災。ルメールとレーンの差。ダービーで未勝利の様な騎乗で何とかなると思っているのがバカバカしい。

ニシノデイジー
ハービンジャーはダンチヒ系。この日はダンチヒ系の好走が目立ち、今回のダービーでダンチヒ系は2頭だけ。
それでも皐月賞で失敗しているから評価できなかったものの、それでもここまでパフォ上げるなら十分。

クラージュゲリエ
高速馬場適性を皐月賞の実績から拾ったというだけ。何故かあまり人気してなかったし。結果からは血統が上回ったオチ。

マイネルサーパス
高速馬場適性をきんもくせい特別の実績から拾ったというだけ。ただ、その絶対値をダービー通用レメルまで評価していなかった点から、成長前提ではあったのでプリンシパルSの結果を見守っていたものの物足りない内容。これでは厳しいと思っても最低人気だと、買いたい馬も居ないから塗ってやろうという程度の評価。そこの柔軟さが課題ということですね。

サトノルークス
こうやってきっちり前に行く池添はやはり戦略性が高い。母父サドラー系な様に高速馬場適性では劣るのでしょう。


この記事が参考になった方はクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ