何回考えても振り出しに戻る状態だけど、もう結論を出さなければ。


皐月賞

トライアルレースが良馬場で行われなかったので、バランスとして見るのか、時計が掛かったからというのも考慮して判断をするのかで分かれる。

ここの解釈を間違えると斜め上の予想になってしまう危険性があるが、バランスとして見ることにしました。

中山2000mは中盤が下り坂ということで緩みにくいので長く脚を使えるタイプを重視。今年緩んだらアキラメロン。


一気に省きますが、勝ち馬は人気の4頭から選ぶことにしました。

過去の皐月賞で緩んだ年を省くと、連対馬ほぼ全馬が長く脚を使っており、その基準値を出しました。値は私のファイル内に保管しましたがw

その基準値は2000mのものであり1800mはバラつきがあって基準値を出せませんでした。

2000m未経験馬のメイショウサムソンやダイワメジャーは1800mで緩んでいないのを前で馬券内で後者はデムーロ兄に乗り替わりでということで無理矢理こじつけることにするw

そうやって考えると、2000mの基準値クリア馬を優先し、1800mで見た目から内容があった馬を追加という形でいいのかな。


「4強」で基準値クリア馬はワールドエースとゴールドシップの2頭。
ただ、ワールドエースはギリギリというところで、ゴールドシップは勝てていない。クリアしても勝てていない馬は皐月賞でも勝てない傾向のみであり、そこが迷わせる。
ワールドエースにしても基準値ギリギリすぎて補正が少しでも間違えてたらアウトのラインなので不安もある。

なら1800m臨戦って考えるんだけど、不安定というのが凄く気になる。

そんなこんなで女の子の服選び状態w


勝ち馬予想としては気になる点もあるけど、他馬も気になるし、大崩れはしないんじゃないか?ということで基準値と心中することにしました。



◎ゴールドシップ



この記事が参考になった方はクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ