基本的に見直さないので誤字脱字は脳内変換して下さい。

画像を加工していますが、これが私の2014年の馬券成績です。

7a4a901e.png



加工している途中で、これ、加工すればするほど胡散臭いなってこと。私なら思いますものwまぁ3人の方だけは信じてくれるでしょうから、それで構わないです。
ちなみに加工しているのは、kaiji_1984の書き込み、年度の部分の移動、各開催のカット、購入額・回収額のカット、トータルの部分を右に寄せました。寄せた時に多少上下したかもしれません。まぁざっとしたので何でもいいです。
トータルから右は、回収率、赤のグラフ(回収率)、購入レース数、的中レース数、的中率、緑のグラフ(的中率)となっております。
本来はカットした各開催があるのでグラフが視覚化されるってことです。カットしてしまうとグラフが邪魔だと今になって気付きましたが、回収率から右は一切加工していないので、そういうのに詳しい方なら加工していないと証明できるかもしれません。

1200レース近く購入するのがどれだけ大変か。来年もこういう成績を残せる保証は一切ありませんが、抗うだけ抗い続けたいと思います。



916d0a1f.png




2013年の成績。普通に負けてます。レース数が全然違います。本当に一杯買うのって予想の引き出しが必要になってくるのです。参考までに、2013年の重賞数(障害は除く)は124レースです。



3人の方にはわかっていただけていると思いますが、今年の私は競馬熱が凄く高かったです。

その理由は去年の10月辺りのブレイクスルーです。

それまでの数年間がどれだけ簡易だったか。もっと真摯に向き合えよって思うのですが、その数年間は、ブレイクスルーが発生する為に必要だったのだと今になって思います。



とりあえず一杯買って色々と気付かされました。その時その時でどの引き出しを開けるか?そしてその判断の正確性。抽象的な表現になってしまいましたが、本当に痛感しました。
でもこれだけ買うと精神的にタフになれたと思います。不利を受けたぐらいで何とも思わなくなりました。所詮1つのレースです。そういうのがG1でも思えるようになってきた精神面の成長を実感出来ました。

3着止まりだった、4着止まりだった、ハナ差負けとか一杯経験しました。もちろん逆もありますし、負けた時の方が脳裏に刻まれるので多く感じるのかもしれません。でも、人気馬を選択していないのですから一押しが足りないケースが多くなるのも当然です。
それでも高配当の場面になるとイラっとしますね。人気馬決着とか3秒で、はい次~って感じですもの。買える引き出しのない穴馬でも、はい次~って感じですけれどw




ではでは、今年のG1を振り返りたいと思います。

特に下半期は更新がギリギリというのが多く、事後見解という形になりますが当時のことを思い出しながら各G1の予想見解を発表します。たぶん上半期はざっといきます。


とりあえず本命馬をずらっと。

フェブラリーS
◎ホッコータルマエ 2人気2着 複140円

高松宮記念
◎ストレイトガール 1人気3着 複140円

桜花賞
◎ハープスター 1人気1着 単120円 複110円

皐月賞
◎トゥザワールド 1人気2着 複150円

天皇賞・春
◎キズナ 1人気4着

NHKマイルC
◎ホウライアキコ 8人気5着

ヴィクトリアマイル
◎クロフネサプライズ 8人気14着

優駿牝馬(馬券購入せず)
◎ハープスター 1人気2着 複110円

東京優駿
◎トゥザワールド 2人気5着

安田記念
◎グランデッツァ 4人気11着

宝塚記念
◎カレンミロティック 9人気2着 複810円

スプリンターズS
◎コパノリチャード 3人気12着

秋華賞
◎ヌーヴォレコルト 1人気2着 複110円

菊花賞
◎ワンアンドオンリー 1人気9着

天皇賞・秋
◎スピルバーグ 5人気1着 単1100円 複260円

エリザベス女王杯(馬券購入せず)←たぶんブログで本命馬を書いてなかったと思います。本命だったか信じるか信じないかは任せます。
◎ヌーヴォレコルト 1人気2着 複140円

マイルCS
◎ダノンシャーク 8人気1着 単1810円 複390円

JC
◎デニムアンドルビー 7人気11着

チャンピオンズカップ
◎グレープブランデー 13人気9着

阪神JF
◎ロカ 1人気8着

朝日杯FS
◎タガノエスプレッソ 7人気6着

有馬記念
◎トゥザワールド 9人気2着 複500円

(3.7.1.11/22) 合計 単3030円 複2860円

勝ち馬予想で2着が多いってのは情けない。1人気を選択したのが9回(1.4.1.3/9)。サンプル数が少ないのでどうしようもないですが、単勝的中率・単勝回収率は悲惨ですが、他は至って平均的な数字。

トータルで的中率は13.6%、50.0%で回収率は137.7%、130.0%。

結局サンプルが少ないから少しの連敗で大きく変動しますから信憑性もなく。「今年」は良かったなぁ程度のもの。来年どうなるかなんてわからないし。課題としては、1人気の選択率から、単勝的中率が20%は欲しかった。

フェブラリーS
◎ホッコータルマエ
現状のダートスキルだと何を書いても説得力がないので省きます。

高松宮記念
◎ストレイトガール 1人気3着 複140円
不良馬場ということもあり、どうなるか想像できず。この時点ではあるファクターを試していて、このファクターが効果的か否かを判断するのに10月まで掛かる。

桜花賞
◎ハープスター 1人気1着 単120円 複110円
前年の阪神JF時からモノが違うと思っていたので特に迷うこともなく。

皐月賞
◎トゥザワールド 1人気2着 複150円
上半期で痛恨だったレースの1つ。枠順発表前は◎トゥザワールド○ウインフルブルームと決めていて、枠順発表して青褪めた。17番18番とか想像しておらず、一気に頭を悩ませることに。結果的には初志貫徹することにしましたが、イスラボニータを△評価にしていたのにも関わらず、馬券は全ハズレ。
3連単を外すのは私のスタイルからは全く気にならないのですが、◎○が3着内で中穴込みという予想で0円は本当に悔しかった。
予想自体は私の皐月賞データの中身を公開する気がありませんので省きます。

天皇賞・春
◎キズナ 1人気4着
何で馬券当たったんだろうね?と以前の私なら思わせるレース。私の天皇賞・春データが固まったのは今年。すみませんが公開する気がありません。
その一発目で買いの評価が○ホッコーブレーヴ。そこからゴールドシップを除いた4強の序列にひたすら迷っていて、結局は◎キズナということになりましたが、どうも1.7倍の信頼は出来ない+データからホッコーブレーヴは買いたいってことで買い目を構築していると全ての馬券がホッコーブレーヴ絡みになるというwこの辺りは皐月賞の悔しさが残っていたのも強かったと思います。別に4強で決まれば配当安いし、そこへドカンと買いたい訳でもなかったのも要因。◎キズナに全幅の信頼をしていれば、3連系は全て◎○流しになっていたと思います。
今はこのデータが来年も機能してくれるといいなぁということのみ。

NHKマイルC
◎ホウライアキコ 8人気5着
ミッキーアイルを本命にしたくなかったというのが切り口。その後が続かなかった。買いたい馬がピンとこなかったので、牝馬はハイレベルという仮説で◎ホウライアキコに。決定打が足りないのもありあまり買わなかったことが救い。仮説が仮設なので○アドマイヤビジンと流しています。それでも3連単は買っておらず。

ヴィクトリアマイル
◎クロフネサプライズ 8人気14着
今年一番悔しかったレース。今年一番の購入額レースでもあります。
これは前日の京王杯SCの結果から、違和感が残り、色々と調べていると内有利馬場と判断。ここまで馬場読みに自信が持てたのもこの1年ではこの日。
そこから、1人気スマートレイアー@武豊、2人気ホエールキャプチャ@蛯名は中枠の差し馬で馬場的に馬券外と結論付け、3着に来られたら仕方ないと腹をくくりました。そうなると大荒れだなって前日からワクワクしていました。
ただ、3人気メイショウマンボ@武幸は内枠ということもあり、人気馬で買うなら同馬のみと結論。そのメイショウマンボも大阪杯で意味不明な負け方をしていたので、高い評価をすることが私には難しく、これも飛んで3人気内馬壊滅の大波乱じゃないか!?という欲望も出てきました。ましてや4人気デニムアンドルビー@浜中は内枠でも追い込み、5人気ウリウリ@福永は外枠の差しor追い込み。

そこから思考をいくら巡らせても◎クロフネサプライズ○ヴィルシーナ▲ケイアイエレガントの序列が定まらず、結果的には印を付けたけれども同評価という形。△ストレイトガールは僅かにこの3頭の下という評価にしましたが、配当面からは同馬からも保険で購入。私の馬券スタイルをご存知ならわかると思いますが、3連単の1着にこの4頭を選択したのです。それぐらいの異常事態です。人気馬皆無な様に、手広くても構わないと思ったのです。
そこから△キャトルフィーユが5番手評価で、1,2,4,5人気馬を1円も買わないことは不変。この内有利馬場という確信めいたものと、人気薄ばかりということで漏れたらガッカリするということで、厳しいと思いつつも配当面からメリットはあるということでラキシスとローブティサージュを追加。

そこまでは思考ロジックとして自分自身で納得出来ています。ここからが問題。

◎○▲の序列をレース5分前ぐらいまで悩み続け、メイショウマンボをどこに入れるかという評価が前日の状態のまま過ぎてしまった。一応買っておけという前日の×評価のまま過ぎ去ってしまう。

3連単の頭を考え続けるのはその前にはわかっていたので、馬連で◎○▲流しというのはセットしていたので的中していますし、人気薄なので△ストレイトガール(4番手評価)までのワイドボックスも買ってる。3連複は◎○▲-◎○▲-印という買い目で2列目に△(4番手評価)が抜ける。ワイドボックスしているのに意味不明。3連単の頭を絞りたくて蔑ろにした自分が悪い。

結果的にはプラスで終わったレースなのですが、メイショウマンボを再考する見落とし、3連複の購入ミスで、ここまで手広く買って馬連・ワイドのみかよ・・・って悔しさしか残りませんでした。取れるときに取らないといけないのです。
ここから1ヶ月はうなされ続けました。何度も夢に出てきました。ただ悔しさのみ。

優駿牝馬(馬券購入せず)
◎ハープスター 1人気2着 複110円
どうしても○ヌーヴォレコルトで不変だったのと、穴馬が見つからなかったので買う気にならず。

東京優駿
◎トゥザワールド 2人気5着
ここは予想文をきっちり書いたから書くこともなく。レースは1コーナーで諦めた。
マイデータが完成したのに新しいパターンの馬が来たクソっと削除してしまったのは失敗だった。

安田記念
◎グランデッツァ 4人気11着
ここも結構書いた記憶があるので特に感想もなく。

宝塚記念
◎カレンミロティック 9人気2着 複810円
連覇はないという過去データを信用してゴールドシップで突き通せなかった、3連単の頭を2頭に出来なかったのが後悔。それぐらい私は頭を絞るタイプなんです。他の馬券では本線でガッツリ取ったので、悔しさは少しで済みました。その後の東京12レースを買い忘れたことに1ヶ月ぐらい悔しさが残りました。

スプリンターズS
◎コパノリチャード 3人気12着
出遅れたからどうしようもない。当日、差し有利に変化し始めたという難しい馬場でもあるので、厳しかったかも。ただ高松宮記念の2,3着馬が1,2着なら何とかなったかもという気もしていますが。差し有利と見抜いてたとしてもグランプリボスに変更して結局外れ。

秋華賞
◎ヌーヴォレコルト 1人気2着 複110円
そこそこ予想文を書いたのでざっと。ショウナンパンドラは無印だからどうしようもなく。配当面からリラヴァティとセットにしたのも後悔がなく。

菊花賞
◎ワンアンドオンリー 1人気9着
想定通りの騎乗で負け。他も人気してしまうと手を出しづらく。

天皇賞・秋
◎スピルバーグ 5人気1着 単1100円 複260円
人気馬がオッズ程信用できなかったので他を探すと同馬以外見つからず。1人気イスラボニータは外枠、2人気ジェンティルドンナは意味不明な大敗が目立つ、フェノーメノは丁半博打。スピルバーグがあそこまで強いのは想像以上でしたが。

エリザベス女王杯(馬券購入せず)←たぶんブログで本命馬を書いてなかったと思います。本命だったか信じるか信じないかは任せます。
◎ヌーヴォレコルト 1人気2着 複140円
買っていれば当たっていたけれども3着のディアデラマドレは買えないから静観して正解。

マイルCS
◎ダノンシャーク 8人気1着 単1810円 複390円
このレースも悔しかった。◎はスルーするとして、ミッキーアイルは1人気の逃げ、トーセンラーは去年より条件が恵まれず再現性が乏しそう、ワールドエースは前走の負け方が想像以上に悪く気に入らない。この様に3人気内馬で買いたい馬がいなかったのですが、ヴィクトリアマイルで悔しい結果を残した私としましては無理矢理選択することに。
この3頭だったらトーセンラーだなってことで同馬にしましたが、後になって気付く。結果的に3人気は同配当ですがフィエロだったんです。
同馬は積極的に買いたいと思っていただけに、これを逃したのは痛恨。前日からワールドエースは1人気だったり2人気だったりで3番人気だったからオッズ差まで目が届かず印象のままだった。他のレースを買っているから同レースのオッズを見届けられないのもあります。3着のグランデッツァは安田記念で凄く評価したように当然買い目に入っていましたから、やっぱり痛恨。

JC
◎デニムアンドルビー 7人気11着
最終的に2択ミス。私のスタンド発動ですね。レース中はエピファネイアが先行したこともあり、2択成功と思っていたのですがw直線で外へ出した時点で諦めましたが。このレースはエピファネイアの強さにただただ脱帽。

チャンピオンズカップ
◎グレープブランデー 13人気9着
ダートは説得力がなく。

阪神JF
◎ロカ 1人気8着
これは配当度外視で本命にしました。安定性は求めず、新たなる名馬誕生に立ち会おうとロマン派っぽく考えました。レースは出遅れて終了。いや、成長力は知りませんし自己責任でお願いしますが、トライアルまでに重賞を勝つと思いますよ。この辺りの評価を出来るようになったのが、去年からのブレイクスルー。勝てば説得力が増すんですけれどねー。どうなることやら。

朝日杯FS
◎タガノエスプレッソ 7人気6着
15時30分時点なら完璧。◎タガノエスプレッソのオッズが何で?って思ったのでそこへフラフラと思考を止めたのが失敗。単純に強さで突き通すべきだった。現時点では思い出したくないレース。

有馬記念
◎トゥザワールド 9人気2着 複500円
うーん、これで馬券に出来なかったのが情けない。これは去年に出した、5歳以上の引退レース理論。あっさり去年ブレイクされましたがw
それでもゼンノロブロイ、ブエナビスタ、テイエムオペラオーとかの様に、ジェンティルドンナもダブって見えるじゃないですか。◎トゥザワールドの形を考えれば押さえておく必要があるんじゃないのか?ってことも考えました。そこで5分は止まったんですよね。こういうシーン珍しいです。
でも、そこが有馬記念というお祭り感覚。去年は走られても、率で考えればやっぱり悪いだろってことで軽視のままに。それ、エピファネイアを本命のままだったらって前提の思考が抜け落ちていました。人気薄なら買っておくべきでしたね。これがグランプリ。
トーセンラーも引退レースだったと思いますが、同馬は無条件データに該当していたので買わざるを得ない。このデータは3着内30%ぐらいで単回収率は200円オーバーという驚愕の数字なのです。上手い具合に偏っていると自覚をしておりますが、それは1着率に偏っているのであって、複勝回収率で130円辺りです。それ故に引退レースでもダイワメジャーはマイルCS臨戦だったじゃないかと都合良く解釈する方向にw
1周目の4コーナーを過ぎてエピファネイア圧勝と思ったのですが、スパート遅れが響いたかな。これはその1つ前のホープフルSで川田が勝った影響もあるかもしれない。
レース後になって思ったことは、大レースの川田の人気馬って本人が想像以上にプレッシャーを受けている感じがする。去年の両2歳G1、桜花賞、皐月賞、オークスまで1人気で、2着3回で勝ったのは桜花賞のみ。率で言えば悪くないですが、ハープスターで2回取りこぼしたのはバッシングが凄かったのでしょう。そしてダービーは2人気で一切擁護できない理解不能な騎乗。この辺りがプレッシャーに弱いと思わせるのです。
1周目のエピファネイアの位置、折り合いを見て圧勝と思ったのは私だけではないはず。ロングスパートにすればとかはタラレバですが、そういうことより川田はイメージと違って繊細な人なのかな?と思いました。騎乗技術とかわかりませんが、アクション的には豪腕系じゃないですか。だから勝手に図太いのかな?って先入観があったんですね。だからギャップを感じるんですよね。
そういうことより、やっぱりこのレースは当てなきゃいけないわ。買い目を見なおしてもエピファネイア(5着)へのワイドを買ってないですものね。3連系に寄せてました。この辺りが有馬記念という魔力。



そんなこんなで、予想コメントというより馬券構築的なコメントばかりになってしまいましたが、3連系はあと少しってところで取り逃してしまいますね。そこが3連系の難しさって感じ。
皐月賞、ヴィクトリアマイル、宝塚記念、マイルCS、朝日杯FSは馬券スキルが向上すれば引っ掛けられたかもしれない。上手くできたのが天皇賞・春ぐらいで、これも2着ならもっと跳ね上がったのに・・・とか思いますが、着順の後悔は完全に別物。
穴馬をピックアップできて外すってのは精神的にきついよ。本当に。3連複というより3連単ですね。人気馬の3連単とかなら、はい次~と切り替えられますが、人気薄が絡んでいるとそこで取れるかで大きく変わる。全部とは言わないまでも、後1つは当てたかった。その辺りも来年の課題。



そういえば、拍手ってコメント付きでできるのですね。1週間前ぐらいに気付きましたw
私が反応するかは別として、普通に記事にコメントでいいじゃないのーw


では、よいお年を。



この記事が参考になった方はクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ