ジャパンカップ

◎ラストインパクト

正直、自分でも驚いている。

週初めはショウナンパンドラって決めていたけれども、土曜からの馬場を見ているとポジションが凄く大事な状況になっていて、差す馬は内から5頭目ぐらいを突っ込むぐらいの覚悟を持たないと連対圏は厳しい。
前の馬が内を譲らないので、差すにしても4列目辺りで限界か。
そういう訳なので、枠が非常にポイントになるレースだと思っています。

ラブリーデイは1枠でポジションも確保できる馬、大崩れの可能性は低いか。
海外馬はナイトフラワー以外興味なかったので、そのナイトフラワーが大外枠なら枠の観点で消す。
結局、日本馬の序列勝負として、ジャングルクルーズ、ショウナンバッハは来たら事故として処理。

ワンアンドオンリー、ペルーサ、ラストインパクトの3頭を相手筆頭で考えると、ワンアンドオンリーは成長を感じない。ペルーサは出遅れか外回しの印象が強く。なら、ラストインパクトしかないだろうと。
前走の直線は全部壁って言ってもいいほどの消化不良。春天や金鯱賞で絶対値は示しているので相手として問題ない。

相手?

ここまでのムーア騎手を見ていると、外枠でも最内~内を狙い続けていて、10レースが鳥肌。大外枠でスタートしてから手綱を引っ張って最内に潜り込む。もちろん最後方。でも、そこから最内を通り続けて勝利。最後方からでも届いているじゃないか?と思うかもしれませんが、大逃げでペースが特殊だったのも大きいです。
兎にも角にも、これを見て、よし、マジック発動だなって気にさせてくれました。オッズ差が最後の一押しではありましたが。

後はディープインパクト年辺りからキレに偏るジャパンカップという形になってきていて、そこが牝馬の活躍に繋がっているのだと思います。単純に斤量の恩恵ってやつですね。だから、ミッキークイーン、ショウナンパンドラを3,4番手評価で、能力あるのと捲ってポジションが前の可能性が残るゴールドシップは本命馬の人気的に拾っておき、枠的に内を狙えるギリギリのラインか?というサウンズオブアースと、前にいるだろうし以前から能力を評価しているカレンミロティックまで。



この記事が参考になった方はクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ