秋華賞

シンハライト、チェッキーノという軸になりそうな馬が離脱し一気にどの馬にもチャンスが出てきたように感じる秋華賞。

時間がないので一気に省きますが、要点をまとめると、
①紫苑Sは中山2000mというタフ条件で買うタイミングは相当吟味したい。新潟に変わった瞬間に勝利したのを見て、ラップ的リンク性よりも、反動懸念を考えたい。
②ローズSはペースが上がりきらずに連続好走しやすい。ただ、ペースが締まっても連続好走したりしていて、結局能力上位馬ならタフ条件を一度は耐えるのかな?とも思ったり。

混戦模様になり、各馬が色気を持つことと、ビッシュの捲りで後方待機がハマると想定。

人気落ちないのがガッカリだが

◎ジュエラー

ローズSは雨だから負けたという決め打ち。布石をしてきたのは同馬とパールコードぐらいじゃないだろうか。ミルコなら後方待機してくれるはず。

この記事が参考になった方はクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ