大阪杯

新設G1で過去のラップは参考程度。去年の様なラップはいかにもステップというレースラップであり、G1になったことで推測されるのは宝塚記念的なラップ。要はもう少しペースが流れて持続的なレースになると考えられる。

そして2000mと2200mの違いとなると、前者は前半が緩みやすい。

2000mと言えば鳴尾記念もそうか。宝塚記念のステップレースになっていて好走馬も多い様にリンク性はある。今後は細かい微調整をその都度して行く方向で。


さて、今年のメンバーを見渡した第一感。


買わない方が良さそう。


何故なのか?というところを羅列していく。

マルターズアポジーがいるのでスローな流れは考えにくい。それでいてロードヴァンドール、キタサンブラックといるから悪くても例年の鳴尾記念ベースのラップは刻まれると推測される。それでいてメンバーから前傾に振れると考えているぐらい。

そう考えると短縮臨戦馬がまず頭に浮かび、人気3頭共短縮。

前傾寄りの持続レースと考えると、キタサンブラックには厳しい流れになるだろうが、それぐらい厳しい流れだった宝塚記念で接戦3着である。マカヒキも好メンバー皐月賞で2着である。

強いて下げるならサトノクラウンで、去年の宝塚記念で控えて掲示板外。それを見ると、先行臨戦の短縮で位置取りショックでも対応がイマイチに終わってしまう可能性が相対的に高く感じる。

そして、キタサンブラックとマカヒキの比較となると、キタサンブラックは4歳時点より鮮度が落ちるのは確かであり、パフォは低下していくと思っている。馬場が味方すれば多少考慮したが、フラット馬場で考えているので、ここは強気に頭無しで考えたい。

次の人気グループを見るとヤマカツエース、アンビシャス。

ヤマカツエースに至っては鳴尾記念、宝塚記念、札幌記念と持続系を全て馬券外に飛ばしている以上、この人気なら消す。
アンビシャスは宝塚記念の惨敗をどう解釈するか。先行したから度外視にしてしまうのか、結果から嫌うのか。後方待機に徹すれば3着前後はありえると思うが、頭は想像できない。

前にいる馬はキタサンブラック以上の評価をする気はないのと、前の組は馬券に絡んでも1頭だと思うので、キタサンブラック以外は軽視。



◎マカヒキ


他は追い込みに徹し、さらにペースが味方して2着までってタイプが多く思える。
続きを読む

この記事が参考になった方はクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ