第一感競馬予想

直感の7割は正しい。ラップタイムを軸に、馬場・能力・騎手・血統・データ・調教等から総合的に結論を下します。
◎は1着馬予想です。

宝塚記念

【予想】宝塚記念

宝塚記念

同レースは初G1制覇が多いと言われているように、主要G1とは異なるラップを刻みやすい。

問題は今年も異なるラップになるのか否かというところで、結論から言うと、前半が緩く流れれば堅い決着なんじゃないだろうかと思う。
ただ、中距離のG1らしさを見せるレースになれば、穴馬浮上の目が考えられなくない。

基本的にはグランプリ=ロングスパートなので、緩まないロングスパートでスピードと持続力というピンポイントな能力が問われるケースを求めたい。

それが求められるレースとしては2000mが多く、鳴尾記念や金鯱賞で好走したタイプがリンクしている。



◎ディサイファ


・・・


安田記念よりこちらの方が合ってたんじゃないかなぁ。



◎サトノノブレス


ステファノスと迷いましたが、同馬は前半緩いケースが目立ったので、その点を嫌いました。サトノノブレスに関しては、まずオッズが魅力。次に、いかにも中距離という初経験の小倉記念の勝利。ここを大きく評価することにしました。後は金鯱賞や鳴尾記念で崩れていない様に中距離適性の高さは伺える。
後は絶対能力の問題で、確かに不安ではある。そこはオッズで相殺した。

ドゥラメンテやアンビシャスはピンポイントな中距離の経験がないのでどう転ぶかわからない。能力的にクリアしてくる可能性は高いので、オッズ差からアンビシャスの単も考えた。

ラブリーデイは一応ケア。キタサンブラックは前半流れるとどうなるかわからないので、このオッズなら嫌う。
後は前半緩いのが気になるけれども、弥生賞で結果のあるサトノクラウンがこの人気なら無視できないし、騎乗ミスばかりのタッチングスピーチも中距離で結果を残しているのでこの人気ならケア。


この記事が参考になった方はクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

【予想】宝塚記念

宝塚記念

7,8レースの逃げ連勝から今年も前で穴狙い。

◎カレンミロティック

グランプリレースは継続して好走しやすいように適性が偏りやすい。春天は強気に騎乗しすぎて見ている側としてはちょっと参った。

相手はゴールドシップ、ラブリーデイで。もうファンファーレ後なのでここまで。



この記事が参考になった方はクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

【予想】宝塚記念

宝塚記念

ナカヤマフェスタが勝った時はビックリし、アーネストリーが勝った時もビックリした。そして去年のダノンバラードが2着にもビックリした。

こうもビックリが連対圏に頻発するようだと、何かが足りていないとは思うのですが、W杯で忙しいのですw考えるより試合を見てしまうw


少ない時間でも考えますが、適性面という視点で考えると、全馬合っていると思う。

そこにビックリ要素が含まれるのは、生涯最高のパフォーマンスを示しているからであります。3着ぐらいの結果なら適性だけで片付けられるのですが、連対圏、特に勝ちきるとなるとそうもいかない。


結論から言うと、ナカヤマフェスタはパフォーマンスを上げると決め打っても勝ちきるとは考えられません。故に、馬連で引っ掛けるか否かってところと割り切ってます。4歳のこの時期はパフォUPするケースがありますが、はっきり言って上げ過ぎ。後々の活躍から成長曲線に突入と割り切る。

アーネストリーもマイルールの1つの要素から本命にすることは決してありえず、上位印も無理。仮に2着だったとしてもビックリしていたのに勝ったのだから、後のダノンバラードを踏まえて前に行く馬はここではベストパフォーマンスの可能性が残っているという結論にしかなりません。それでも勝ちきるまでの想像はできず、馬連で何とか引っ掛けるしかありません。馬連16.6倍w点数次第の押さえ。単系馬券は全滅の年だね。

ダノンバラードが好走するのは理解できる。でも、当時古馬最強クラスのジェンティルドンナ、フェノーメノに先着とか想定の範囲外であり、有馬記念で夢を見ることになりましたw
前述の通り、アーネストリーのケースから2番手追走でベストパフォーマンスだったとしても、3番手追走のジェンティルドンナを退けたのはやっぱり違和感が残る。



これらに合致するのはどの馬か?と考えると、今年はカレンミロティック。


金鯱賞を勝った時のパフォーマンスはアーネストリーに匹敵。有馬記念は負けて強し。その時点でAJCCは勝ち、中山記念も勝つ。大阪杯は好走、金鯱賞の後継レース(鳴尾記念)で勝ち、宝塚記念は人気かーなんて考えていたぐらい。それぐらい年末の2戦のパフォーマンスを評価しています。
結局AJCCは出ず、中山記念で惨敗、大阪杯で好走、鳴尾記念で好走と想像未満の成績で、過剰評価していたか?って考えたりもするのですが、今回まで評価しておきたいと思います。
金鯱賞のパフォーマンスが馬柱の前走に掲載されていれば5人気ぐらいにはなっているはず。
中山記念はメンバー揃い過ぎたし前に行けず。雨苦手?という不安は拭えない。
大阪杯は前と後ろで別の競馬で好走の意味もあまりなく。トウカイパラダイスに負けたのが納得いかないぐらい。
鳴尾記念は斤量差で片付けられるのですが、アーネストリーならそれでも勝ちきっていたレベル。ダノンバラード程度のパフォーマンス。

昨年末の2戦がこの馬の本来のパフォーマンスだと思っているので、中山記念からパフォーマンスが回復傾向と好意的に解釈すると、もうワンランク上のパフォーマンスが出せるはずであり、そこに先行のパフォーマンスUPが加わると、アーネストリーで経験したビックリが再現される可能性が残る。

他にはトーセンジョーダンやヴィルシーナが思いつくけれども、前者を選択。押さえの押さえ評価。


結局、3人気内馬を無視する訳にいかず、その評価を整理しておきたい。

ジェンティルドンナ
去年の本命馬。今になって思うのは、左回り云々以前の問題で、3歳時点で成長が止まっている気がする。確かに左回りでは指数よりインパクトを残しているので回り云々の問題かもしれない。回り云々は京都記念が謎過ぎるから自己解釈するには都合の良い材料ではある。でもそれなら桜花賞や秋華賞で躓いていると思う。桜花賞は別としても、秋華賞は過去10年でもトップクラスですから。右回りでもG1級というのは忘れないでおきたい。

ゴールドシップ
時計云々は色んなところで言われているから省略するとして、今年の阪神大賞典が意外だった。ブリンカー効果が出たのかはわからないけれども。春天は出遅れを度外視すれば勝ち負けレベルであり、やはり意外だなぁとなる。それで近2走よりは条件が好転するこのタイミングは勝ち負けと思うのは自然な流れ。で、前走の様な出遅れをして届かないのか、さっと出てあっさりなのか、近2走の様な条件でしか走れない様になってしまったのかというのは結果論w
好転する方で考えたいけれども、宝塚記念連覇って調べる限りでは無かった。出遅れて2着でしたーなんてオチなのかな?

ウインバリアシオン
そうなると同馬なのかな?って本命にする気がなかったのに思えてきたw前日1人気だったので、それはねーだろって思っていたけれども、ゴールドシップが1人気になると、ムラがあるし、連覇無し、ということで出遅れかなーとか思え、ジェンティルドンナは去年の不甲斐なさから3人気は納得できないけれども本命にするのも微妙。
それ故に同馬なのかな?って思えてきたのです。有馬記念でゴールドシップに先着というのが結構大きな材料になりえるのではないかと。ゴールドシップのブリンカーは有馬記念からですからね。
適性面ではどんなレースも高い次元でこなせるという感じで得意条件がパッと思いつかない。
どんなレースでも対応できる感じだけれども、破壊力がなく、ジェンティルドンナの右回りバージョンって感じ。それ故に2人気でも単系で攻めにくいし、3人気が妥当と思うので軸にする気になれない。


結局、連覇なのか?って思ったりもするけれども、3人気内馬で3着内独占されたら仕方ないって方向ですので、

◎カレンミロティック
○ゴールドシップ
▲ウインバリアシオン
△ジェンティルドンナ
×トーセンジョーダン

◎は単系で攻め、×は3複のみ。そういう馬券を買いましょうかね。必然的に◎と心中になりそうです。人気馬同士の馬連や馬単はオッズを見て買う気にならず。どれか軸に決められていれば保険って考えましたけれども。


他馬
ホッコーブレーヴ
春天が想像通りだったので、パフォーマンスを下げることはあっても上げるとは思えず。

デニムアンドルビー
未知ではあるけれども、スロー専門と思っている。故に合わないはず。

ヴィルシーナ
ヴィクトリアマイルが想像通りだったので、パフォーマンスを・・・こういうレース合うと思うんですよ。やっぱり×印打っておきましょうかね。トーセンより上の評価にします。ジェンティルと接線を演じてきただけに、3歳から成長が云々論なら同馬が通用できないという理由にならないので。

ヒットザターゲット
去年がダメなら買いたくないなぁという第一感。

ヴェルデグリーン
G1の休み明けは最低でもG1で3着以内の経験がないと買わない。

メイショウマンボ
スロー専門とは思わないけれども、4歳牝馬って特別に強いと思っていない。エリ女はスローで斤量が大きかったとも思うし。来たら完敗。

フェイムゲーム
4歳馬の成長曲線に突入なら諦める。その妄想をするにはAJCCで勝っておきたかった。0.1差3着だから妄想できなくはないけれども。


ということで、

◎カレンミロティック
○ゴールドシップ
▲ウインバリアシオン
△ジェンティルドンナ
×ヴィルシーナ
×トーセンジョーダン

◎心中とヴィルシーナからも少し買っておこうかな。

あっ、春天臨戦で1,2着って京都開催を除けば、メイショウドトウ→テイエムオペラオー年まで遡るんですよね。近年は1頭のみ馬券内ってケースが多く。だからジェンティルから流そうかとも考えたけれども、オッズと去年の内容を考えると捨てた。
で、フェイムゲームの成長曲線なのか、4歳牝馬の成長曲線なのか?って穿って考えたりもしたけれども、それらを捨て、ヴィルシーナとトーセンジョーダンって形です。



この記事が参考になった方はクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

【予想】宝塚記念

宝塚記念

結論から言うと、全く買う気になりません。

3強(+1強)と考えると、前走ドバイor春天(天春は認めない)。

重賞で前走同レースの決着は捨てるのがマイルール。買うとしたら配当付く場合。

そうなると、同路線決着より配当の安い買い目になるというw

春シーズン最後のG1ということで参加だけしますが、3着にシルポートが粘ることだけ期待w配当も安いのでフェノーメノ絡みのみ。

◎ジェンティルドンナ



この記事が参考になった方はクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

【予想】宝塚記念

宝塚記念
◎エイシンフラッシュ



この記事が参考になった方はクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

【予想】宝塚記念

豪華なメンバーが揃い、楽しみな一戦。4歳馬達の乗り替わりがどうも気になる。最後はそこが決め手になった。それを覆す程のパフォーマンスを保持していれば無視したんだろうけど。

続きを読む

この記事が参考になった方はクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

【予想】宝塚記念

ちょっと早い更新。
続きを読む

この記事が参考になった方はクリックお願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
記事検索
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
天気予報
参加中
アクセスカウンター
アクセスランキング
Amazonライブリンク
楽天市場
livedoor プロフィール